竹井マンガ展

マンガとアートのハイブリッド

竹井マンガ展 header image 3

プロフィール

竹井 友輝(たけい ゆうき)

1984年5月12日 新潟県旧豊栄市出身

幼少時代はスポーツ三昧で常に動きまわっていた。

高校2年生の時に突如絵を描きたくなり、学業そっちのけで漫画、風景画などをペンや水彩を使って描きはじめる。

その後、社会人として働いたのち新潟デザイン専門学校へ入学し漫画の基礎を学ぶ。

卒業後、念願だった世界一周へ出発する。

途中風景画を描いては路上で売り約8カ月間15カ国を放浪する。

日本に帰国後ビザを取得し渡仏。

フランスで漫画教室を作り現地の子供たちに描き方を教える傍ら、第1回となる初のマンガ展をパリにて開催する。

この時初めて漫画をペン画ではなく、エアブラシを使って描く手法を行う。

ビザ終了後、日本に帰国してすぐに地元の公民館で展示会を行う。

第2回以降のマンガ展も同様にエアブラシを使い、さらにマンガの世界観に合わせて会場全体を作り変える全面表現で作品を制作し新潟・群馬・長野で開催する。

次回の第5回マンガ展は節目として約1年をかけて全47都道府県をまわり開催する予定である。